三井ホームで家を建てる前に評判をチェック!

2019年11月01日

注文住宅を三井ホームに依頼する場合は、建てる前に評判をチェックすることは無駄にはなりません。そよぐ風が室内へとやさしく心地よく広がっていくフィルコートは高い人気です。インテリア力ラーセレクトは顧客のそれぞれのライフスタイルにフィットすると評判がおさまりません。ハウスメーカーでは珍しく、高所得者向けのメニューが充実し、おしゃれで機能性が高い傾向です。全館空調もハウスメーカーでは特筆的なことで、価格も手ごろ感があります。

三井ホームの特徴は耐震性が高いことです。実物大モデルによる実験では、震度7の地震に60回耐える驚異的な耐震性を見せています。同等のグレードを建てた場合は、同じ強さを期待できます。三井ホームの家は2×4工法を採用しています。この工法は元々壁が多いため、耐震性が高いのが特徴なのです。三井ホームはさらに、プレミアム・モノコックの新技術により耐震性を高めています。

三井ホームのフィルコートは製品ラインナップの一つで、緑・光・風の恵みを活かすことで、暮らしのエネルギーを上手に節約することを実現しています。おしゃれなデザインとガーデンリビングが特徴的で、価格面でも納得できます。得意のインテリア力ラーセレクトは同社のおしゃれなイメージを鮮明にします。ラインナップはエコノミーなタイプから高所得者向けまでバリエーションがあり、顧客の多様な嗜好に対応しているのです。

機能面でも優れ、全館空調タイプはエネルギー効率の高い仕様となっています。機能性の充実は棚に設備機器の効率化だけでなく、自然を取り入れることでのパッシブ化を意識しているのです。自然な風を取り入れ、日光の効果的な利用など、自然と共に暮らすことをコンセプトとした三井ホームの住宅に対する真摯な姿勢が感じられます。

三井ホームは2×4工法により住宅を建築しますが、2×4工法は元々、国から取り入れた工法として知られています。主に輸入材を主原料とし、2インチ×4インチの部材を最小単位として組んだものに、合板を打ちつけたパネルが中心となる工法です。そのため、主な鉛直力はパネルを留める釘が担うことになり、釘の寿命が構造体の寿命となります。また、壁が閉じられたパネルなので、湿気の逃げ場がなくなるデメリットがあります。その対策はなされているものの、実際にどれほどの耐久性があるかは未知数です。本来は経済的な構造を持っているので、求めやすいタイプの評判は良好を維持しています。